遊び心満載のコストをかけない創作インテリア

ワインやお酒など、飲み終わった後に綺麗に洗いラベルもはがし、インテリアにできるか資源ごみにするか区分けし、厳選して集めているのが今ハマっている趣味です。
改めて買うわけではないのでプラスでコストがかかるわけでもなく、かといって全部を保存したら物であふれるので、
「インテリア」としてビン単体で素敵な色だな、形だな、大きさだなというものを、3つ食事をするテーブルに置いてあります。

3つと決めてるのがこだわりで、さりげなく邪魔にならない数、そして先に本数を決めているので後から更にグッとくるお気に入りに出合えたら、すでにある三本と気に入った一本の4つから厳選して選んだ三本をインテリア用にするなど、流動的な変化もあるのも楽しみになっています。

キャップがビンのインテリアとして、自分の好みでないなぁという時には、サランラップと輪ゴムで透明感できっちり仕様にしたり、
ティッシュ(色付きも含む)などでビンの色や形に合わせてオリジナルのアクセントを作ったりと、すべて身近にあるもので自分で少しだけカスタマイズして、
「インテリア」の気分に浸るのが最近の一番ハマっているコストがかからない上に遊び心満載にできる趣味になっています。
近頃ではそのビンの中に小さな何かを入れるのもいいなぁと想像も膨らみ、まだまだしばらく楽しみは続きそうです。